FarmEye

OUR SERVICE

サービス

リモートセンシングを用いた高精度な画像による、ほ場の実態把握により、
無駄の無い、的確な改善処方をお客様と一緒に考え、生産性を向上させます。

ABOUT REMOTE SENSING

リモートセンシングとは

リモートセンシングは、カメラの分光技術を応用した調査技術です。
ファームアイでは、ほ場全体を空撮し、生育のバラつきをデータにして、見える化します。

リモートセンシングのしくみ

リモートセンシングとは、遠隔から対象物を測定する技術です。反射光を特殊なカメラで検出し画像化、数値化します。
植物の生育の活性度を計測する場合は、一般的に赤色光と近赤外線の2種類の光の波長を利用します。植物の葉は生育の活性度が増すほど、葉の緑色が濃くなります。この特性を利用して葉の緑色の度合いを赤色光と近赤外線の反射光から演算し、植物の生育の活性度合いを計測します。

  1. 1カメラで「赤」の吸収度合いを検知して、植物の元気度(緑の濃さ)を調査します。
  2. 2その反射の大小を数値化します(NDVI※)。
  • ※NDVI:Normalized Difference Vegetation Index(正規化植生指標)

NDVIから、作物の生育の活性度合いが計測できます。

ファームアイの独自技術はこちら

リモートセンシングは
こんなお客様にピッタリ

  • 収量を向上させ
    安定して
    生産したい
  • 食味・品質を
    上げたい
  • ほ場の状態を
    正確に
    把握したい
  • ほ場の見える化により、3M(ムリ、ムダ、ムラ)も無くし、効率化・コストダウンが図れます。
  • 未経験の農地でも、1年目の栽培で画像からほ場の特徴がわかります。
  • ほ場記録を画像で残すことで、正確な改善処方の判断やノウハウの継承が行えます。

ファームアイは、
リモートセンシングで
お客様の課題を解決します

お客様の課題
収量上げたい…、規模拡大したい…、良食味米の栽培に取り組みたい…etc.
リモートセンシング
ほ場の健康診断と改善処方の判断
営業支援メニューへの展開

ピンポイント土壌診断

土づくり作業機による物理性改善

  • ※ピンポイント土壌診断サービス、土づくり作業機の販売については、ヤンマー株式会社にてご提案いたします。

ヤンマー
土づくりソリューションへ

可変施肥マップの作成
(開発中:近日リリース予定)

  • 無人ヘリによる
    精密可変追肥

  • 可変ブロードキャスターによる
    基肥可変施肥

  • ※可変施肥マップサービスはファームアイで開発中のサービスです。無人ヘリによる精密可変施肥の請負についてはヤンマーヘリ&アグリ株式会社、可変ブロードキャスタの販売についてはヤンマー株式会社にてご提案いたします。

ヤンマー ヘリ&アグリへ

SERVICE

サービス内容

1生育診断・出張撮影サービス

特殊カメラを積んだドローンで、幼穂形成期の稲を上空から撮影し、生育状況として葉の色と、葉の茂りを見える化するサービスです。
撮影作業はファームアイのオペレーターがお客様のほ場に出向き、ドローンを使って空撮します。撮影した画像はファームアイ独自の技術で解析し、「生育マップ」を作成します。生育マップはリモートセンシングの結果として撮影から5日後にお客様にご提供いたします。

2生育マップ(結果レポート)

生育マップの色分布で、生育状態の良し悪しを表現します。ほ場ごと・ほ場内での生育状態、バラつきが一目瞭然です。従来は人の手による計測で、「点」でしか把握できなかった値を「面」で見える化することができます。
この生育マップを使って生育不良やバラつきの原因を推定し、ほ場の改善を行うことで、収量向上や品質改善が実現します。

結果レポート(生育マップ画像)の内容

  • NDVI(葉色)マップ

    NDVIは葉の色から植生の活性度を示すものであり、葉緑素含有率(従来のSPAD値)と高い相関があります。NDVI(葉色)マップは作物の生育活性度の分布を表します。

  • 植被率(茎数)マップ

    植被率は葉と地面の面積比率から算出しており、茎数と高い相関があります。植被率(茎数)マップは分げつによって増えた生体の密度分布(繁り度合い)を表します。

  • NDVI× 植被率(窒素吸収量)マップ

    NDVIと植被率の積は稲体の窒素吸収量と高い相関があり、NDVI×植被率マップは窒素吸収量の分布を表します。青に近い場所は、ピンポイント土壌診断などにより、適した処方をご検討いただくことをおすすめします。

  • 解析結果グラフ

    NDVI(葉色)や植被率(茎数)の全体傾向が把握できます。グラフの●印に注目することにより全体としてNDVI(葉色)や植被率(茎数)が揃っているのか、ばらついているのかを把握できます。また、グラフの縦棒はほ場ごとのバラツキを表現しています。

  • センシング結果(詳細マップ)

    各ほ場の3種類のマップと数値(ほ場の均平値とバラつき)を1 シートにレイアウトしたものです。1つのほ場内でのバラつきを画像と数値で確認することができます。

3スマートアシストとの連携

生育マップはヤンマーが提供するスマートアシストで確認することができます。
インターネットに接続された環境であれば、場所と時間を問わず生育マップを確認できますので、従業員の方との情報共有も行えます。また、ファームアイ独自の解析技術で、撮影時間や天候による光量や光の角度の影響を受けない解析結果を出せるため、生育マップを経年で比較することができます。
ほ場の改善作業に対して毎年の改善効果を比較できるため、次年度への効果的な改善策を打つことができます。

  • 撮影5日後までにご指定いただいたメールアドレスに結果レポートが届きます。また、スマートアシストでの閲覧も可能です。

リモートセンシング
ご利用のお客様サイトへ

ヤンマー スマートアシストへ

4今後、拡大予定のサービス内容

(開発中)
今後も、お客様の利益向上に貢献すべく、新たなサービスを開発していきます。

  • 新規診断メニュー:中干し時期測定・刈取り時期判定・高温障害・病害虫判定など
  • 新規作物メニュー:小麦

CONTACT

ファームアイのこと、リモートセンシングのこと。
まずはお気軽にお問い合わせください。

SMART ASSIST

結果レポートは、リモートセンシング
お客様サイトで閲覧できます。